人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル

✈️

飛行機で有名なボーイングを訪れました。
シアトルです。
私はさして飛行機に興味は無かったのですが、女性から見ても面白かった事をレポいたします。
訂正や補佐がありましたら、お詳しい方 専門の方、
是非お願いいたします。m(_ _)m


Boeing 787 Dreamliner
(ボーイング787ドリームライナー)

ボーイング社が開発した次世代中型旅客機
どこが次世代かと言いますと、
機体に 初めて炭素繊維(カーボンファイバー)を使った
飛行機なんだそうです。
丈夫で軽くて良さそうですね。
これからの飛行機は皆こうなっていくのでしょう。


787そのエンジンの噴射口、可愛い波形をしています。


Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル_b0365715_05122559.jpeg

卵を割って出来た殻のようですね。

タマゴッチ じゃないですか。


Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル_b0365715_05124126.jpeg


🐣
可愛すぎる。(*´艸`)


私の好きな🌀マークもありましたヨ。

Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル_b0365715_05155166.jpeg


そして、
なんとこの飛行機の羽は、
日本の三菱重工が作っているんだそうです。
Japan でしか製造できない繊細なWING
それは美しいカーブでした。

その、大きな羽を
日本の名古屋空港から、ここシアトルのボーイング社に空輸
この専用機です。

Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル_b0365715_05112691.jpeg


クジラのような🐳太い本体です。
ここに羽がズーーっと入るようにデザインされた専用機だそうです。
貨物機ですから、窓は有りませんヨ。

羽は飛行機にとって、とてもデリケートかつ重要な部品。
日本の技術がここでも生かされているようです。
嬉しいですね。

またですよ、、Japanが出てくると興奮します。
けして三菱さんのマワシモノではありません。


Dreamlinerはタマゴッチ@シアトル_b0365715_05115773.jpeg


赤丸が日本が作っているパーツです。
多いですね。💪🏻
他にもグローバルに各パーツを取り寄せ、
世界最高の技術の集大成で出来上がるんですね。

🛫 ゴーー 

私の目の前を、
この🐳ドリームライナーが名古屋空港へ向かって飛んで行きました。
この羽を運ぶ専用機は『ドリームリフター』と言うそうです。
(コメにてpiyopapaさんに教えて頂きました。m(_ _)m )

日本へ羽を受け取りに行ったんですね。

そう思いながら 離陸を眺めていました。





🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-31 00:28 | 旅行『シアトル』 | Comments(16)

牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕




また載せておりますこの画像、昨日の続きです。

お料理と給仕編。


牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_06255212.jpeg

Sir Winston's Restaurant
サーウィンストンズ レストラン

豪華客船クイーン・メアリー号内にあります。



🍽



さてさて、お料理です。

各自、スープやサラダ、そしてメインを注文したのですが、
ワタクシ、自分の胃袋のキャパが気になりまして
メインからオーダーしたのです。
したらば、相方がサラダを注文する時に、

このサラダはお二人でシェアをされるに十分でございますよ。

と給仕人が言うんです。
なんと 御親切に。私の心の中が読めたかのようです。

相方がとったのは、このケールのサラダです。

牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_05580157.jpeg

確かに2人分に十分。
私には程よいサイズになりました。

そして皆にシェアでアスパラガス

牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_05590087.jpeg


と、サラダを終えると
小さなカップにシャーベットが来ました。
本当に小さな量です。

牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_05594295.jpeg

お口をさっぱりとさせて…
と言ったところですね。
確かSFのニーマンにあるレストランRotundaでも
このようなお口直し?(なんと言うのでしょうか)
が 出た記憶があります。
やはりココは、しっかりと英国式…
なのかしら。。。
素敵です。



メインが来ました。

このように、
私に向けてちゃんと置かれましたよ。👍
楕円のお皿にバランスよく盛り付けられています。
当たり前のことなのですが、あまりにできないお店が多いこと。


牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_05572699.jpeg

牛ヒレ肉のパイ包み

サクサクのパイ生地に包まれたお肉は 柔らかくジュージー
大変美味しゅうございまして、
完食 (๑´∀`๑) できました。

✌️


デザートはいかがいたしましょうか?
はぁ、もうお腹がいっぱいです。
それでは。

と、引き下がった給仕人。
チェックと共に、コレを持ってきました。

牛ヒレのパイ包み、寄り添うような給仕_b0365715_06004199.jpeg

チョコレートコーティングの苺です。

そう、デザートは無理だけれど
一粒の甘いチョコ苺はいかがでしょう。
と言う感じですね。もちろん、on house
ひょっとしたら、
支払い時には全てのお客に出しているのか…
その辺は分かりません。


たったコレだけのことなのですが、
こちらのお腹の大きさや気持ちまで読んでいるような
このサービス。
嬉しくなってしまいました。

どこぞの中西部の高級レストランとは 
お皿の置き方からして違いますね。






🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-30 00:21 | 旅行『ロサンゼルス』 | Comments(12)

クイーンメアリーでお食事を


暗闇の中の看板ですが、
LA ロングビーチにあるレストランです。


クイーンメアリーでお食事を_b0365715_06231274.jpeg

Sir Winston's Restaurant & Lounge

豪華客船クイーンメアリーの中にあります。

看板名はイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルから。
なんだかタイムスリップしそうな感じですね。
このクイーンメアリーから少し掘ってみました。


🚢

1936年に作られたイギリスの豪華客船、
第二次世界大戦を挟み 30年に渡って活躍をしたようです。
ちょっとタイタニック号を彷彿とさせますが それよりは後ですね。
大きさは もっと大きく船足も速い優れた船だったそうです。
もちろんセレブも乗ったらしく、
オードリーヘップバーンの写真もありましたヨ。
そんな時代だったんですね。


払い下げられた船はそのまま保存され、
このロングビーチ埠頭に繋がれています。
手入れをされ、客室は今でもホテルとしても使われています。
ご一緒したRさんご夫婦は、
地元でありながら一家で泊まったことがあるそうなんです。

孫がとても喜んだわ。
狭くは なかった?
子供らは下級船室で狭いけど、私達は1等でね。
まあまあのコンパクトさよ。 ^_−☆




ボォ〜〜
汽笛が聞こえてきそうな夜でした。

クイーンメアリーでお食事を_b0365715_06100889.jpeg

デッキも平ら(水平)じゃないんですね、
少し傾斜がついていて 歩いていると変な感じです。



ホールの柱には、こんなロープを引っ掛ける穴(フック)があります。

クイーンメアリーでお食事を_b0365715_06544787.jpeg
船が🚢揺れて大変な時は ここにロープを行き渡して繋ぎ、
船客は体を支える為につかまったのだそうな。
(´ー`)


🍽


そんなアンティーク船にあるレストランでの食事、
夜会服は来てませんけど、ちょっと素敵な気分です。

クイーンメアリーでお食事を_b0365715_06255212.jpeg
webより拝借↑

船の中だと言う事を忘れてしまうような広さですが、
この後方にも仕切りがあってテーブルがあります。
でね、その仕切りの壁ごとに 大きな鏡があるんです。
仕切りごとですから結構な数です。
(写真、暗くて上手く撮れませんでした。💦)

空間が広く見えるようにの配慮…
だけでなく、
その鏡は普通の鏡よりも 乗船者の顔色が少し
ヘルシーに見えるよう工夫がしてあるものなんだそうです。
船酔い防止の一環ですね。


さて、お料理の方ですが、、、
その給仕にとても感心しましたので
また別個でレポいたしたいと思います。
(๑・̑◡・̑๑)


🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-29 00:22 | 旅行『ロサンゼルス』 | Comments(8)

ブイヤベースの感想@LA, blue water grill

LAでの夕食で
ブイヤベースを食べました。
ワタクシ、本格的なブイヤベースは初めて。
魚介類が入ったスープ(フランス版)ですね。

ブイヤベースの感想@LA, blue water grill_b0365715_12521081.jpeg

サフランが効いているのか、シーフードの香りヨシ。
でも、スープに酸味もあるような個性を感じたのは
白ワインで煮込んであるからでしょうか。
ちょっと…戸惑いました。
家でもワインをたっぷり入れた煮込み物は
このような風味になったような気がします。
あまり得意ではありません。
ちょうど、中華料理で
ホット&サワースープを食べた時の感覚でした。


前菜にとったタコ🐙のグリル

ブイヤベースの感想@LA, blue water grill_b0365715_12510871.jpeg


とても柔らかくオイシイかったです。



Miso Glazed Black Cod

ブイヤベースの感想@LA, blue water grill_b0365715_12514009.jpeg

銀ダラ西京焼に近い味ですが、もっと甘め。
でも下にあるジンジャーライスと椎茸などのソテーと
よくあっていました。
緑色のソースは豆のペーストからでした。


ブイヤベースの感想@LA, blue water grill_b0365715_10364797.jpeg
チェーン店になっているんでしょうね、
人気で混んでいました。


§^。^§
ブログのデザインを変えてみました。
ついでにタイトルも『ののち幾星霜usa』になりました。
「ののち」は、、、「の、後」倒置で前に。
ヘンテコなタイトルですが、変わらず宜しくお願いいたします。
m(_ _)m


🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-28 00:50 | 旅行『ロサンゼルス』 | Comments(8)

銅像のようなペリカン


ロサンゼルスのレドンドビーチ

銅像のようなペリカン_b0365715_11375068.jpeg
こんなヤシが立ち並び、いかにも南国ですね。




海辺に行くと、ウミドリがいっぱい。



銅像のようなペリカン_b0365715_11294297.jpeg

ペリカンです。

人慣れしていて逃げません。
銅像のように立ち誇っています。

何故なら、ソコは、彼?の餌待ち場だから。

銅像のようなペリカン_b0365715_11291679.jpeg

釣り人が魚を捌く場所なんですね。
そりゃあ、ソコに待ってますよね。
捌いたオコボレ狙いでしょう。

(๑´∀`๑)


屋根の上では


銅像のようなペリカン_b0365715_11301282.jpeg
銅像のようなペリカン_b0365715_11304398.jpeg



こんなのも 見張っていました。
名前は… 💦
わかりません。



銅像のようなペリカン_b0365715_11285182.jpeg
銅像のようなペリカン_b0365715_11282725.jpeg

耳が見えるのでアシカでしょうか?

愛嬌を振りまいていました。

銅像のようなペリカン_b0365715_11312342.jpeg


良いところですねえ。

もう、帰りたくなくなりますヨ。




🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-27 00:10 | 野鳥とリス、戸外の動物 | Comments(8)

覚えておこう突然の暗闇とエコ



西海岸旅行中のエピソードから。
今日は、ホテルのエコに戸惑ったお話です。



覚えておこう突然の暗闇とエコ_b0365715_04473420.jpeg


皆さん、トイレにかかる時間は長い方ですか?
ええ、💩の方です。(⌒-⌒; )
私はさして長くもなく短くもなく…なんですが、
相方が長いんです。
ながーーーいなんてもんじゃなく、、、
本や雑誌を持ち込むほどのタイプ。
ま、
座ってゆっくりしたいのでしょうね。
尊重してやろうと思う優しいワイフの私。
§^。^§
でも、ホテルの部屋で占領されるのは困りますから、
ソレにはロビーにあるトイレを使ってもらっています。


ある朝、相方は
ミヤコホテルでも同様に、
一般トイレを使用しておりました。

3分、、5分、、、と時間が過ぎて行きます。
と、突然
トイレ内の照明が全部消え

真っ暗闇に❗️
ヽ( ̄д ̄;)ノ

トイレには明かり取りの窓もなく、
漆黒の闇に、便器に座ったまま取り残された相方。
(*´艸`)
想像しただけでも笑えてきましたヨ。

で、どうしたの?
仕方ねえだろ。携帯のライトだよ。
あはははは、持ってて良かったわねえ。
後から入ってきた人はビックリだったでしょうねえ。



(๑´∀`๑)


このホテル、他にもエコがよく行き渡っていましたヨ。
普通、部屋のエアコンはoffにしない限りつきっぱなしですが、
ルームキーと連動しているらしく、
外出するとエアコンが切れるんです。
そして、
帰ってきてもエアコンはoffのままなんです。


これに気がつくのにチョイと時間がかかりまして、
おっかしいわねえ、壊れてるのかしら?
実際壊れてるホテルも過去ありました。

こういう外出時は切れるなんて所も増えてくるかもですね。
新体験でした。_φ( ̄ー ̄ )






🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-26 00:12 | 旅行『サンフランシスコ』 | Comments(16)

心を動かされる寸志



昨晩、レッドアイ(夜行便)にて西海岸を発ち、
🛫
翌日の早朝6:00amに帰ってきました。
時差ぼけもあってボーッとしています。
(´-`).。oO


多々トラブルもありましたが、無事に我が家に着いて 
爆睡。
また思い出しながら旅のエピソードを綴って行きたいと思います。




心を動かされる寸志_b0365715_09143270.jpg
LAのレドンドビーチ
あの、ウニを食したお店のあるところです。

“Live” Quality Seafood
心を動かされる寸志_b0365715_09123051.jpg



客慣れしてポーズをとるラティーノのお姉さん。


パエリアをオーダーしたのですが、
ギュウギュウいっぱい詰めた上にエビやら貝やら
追加でどんどん皿に乗せてくれました。
一律値段なのに、、ありがとう。
o(^-^)o

心を動かされる寸志_b0365715_09133380.jpg

燻製のサバは量り売り。
ロブスタービスク 2人で十分にありました。


👩🏽‍🦱👱🏽‍♀️👩🏽🧔🏽🧑🏽‍🦱

この辺は 特にメキシコからの働き手が多く、
中には全く英語が話せない人もいます。
ひょっとして、、違法移民もいるのでしょうか。
見ていると店内では言葉がわからない人は下働きで、
お互いがカバーし合いながら働いています。
そして
一体にラティーノ(ラテン系アメリカ人)のおばちゃんは
明るくて よく働く人が多い印象があります。
もちろん、そうじゃない人もいますけどね。



先日行った ハリウッドのホットドッグ屋さん“PINK‘s”でも、
お店で働いていたのは中年のラティーノのおばちゃん達。
私達と同行した地元米人Rさんは、相方が支払いをしている間に
レジ横のチップ入れに4$ほどお札を押し込みました。 
Thank you, sir.
調理をしながらおばちゃんが答えましたヨ。

ここはファーストフード店扱いで、基本チップは不要です。
でも、働く人はチップはいつだってwelcome ですよね。
それで寸志を入れてもらうべくガラス瓶(ジャー)が置いてあるんです。
Rさん曰く、

ラティーノの女性は 低賃金でも一生懸命働く。
そして明るくて親切な人が多いと思う。
今、自分には安定した収入があるから、こういう所では
いつもチップを入れるようにしてるんだ。

心を動かされる彼の言葉でした。




🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-25 00:12 | 旅行『サンフランシスコ』 | Comments(12)

動くSea urchin ウニウニ…



生きています。
ウニ、雲丹、英語は Sea urchin
解体されてもその針(トゲ?)は ジト〜っと動いています。

動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_09105952.jpg

初めて丸ごとのウニを見ました。


動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_09112286.jpg
お試しにひとつ買って、

お兄さんがその場で捌いてくれています。
動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_13010687.jpeg

最後に海水?でジャバっと洗っていましたヨ。

こんな風にやってきました。


動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_09114617.jpg

食べるところ…ない❓

大きな殻の中、内臓を外して?空洞化した淵に
ソレらしいのが5切れありますね。


ググってみました。

以下webより↓

ウニのどの部分を食べているのか?

私たちが食べている部分は、生殖巣です。ウニは雌雄異体であり、雌の場合は卵巣を、雄の場合は精巣を食べていることになります(雌雄の判別は顕微鏡を使わないとわかりません)。

生殖巣は葡萄の房みたいに小さな粒が集まった形をしています。その粒が卵のようにも見えますが、それは生殖小嚢という組織であり、この袋の中に、直径0.1ミリの卵や精子が入っています。

※ ウニがどんなに大きくても、ひとつの殻には5粒の生殖巣しか入っていません。



なるほど〜ですね。
私はウニってタラコのように卵かと思っていました。


で、お味の方は…

動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_09120731.jpg


(*⁰▿⁰*)

ナニコレ… なんて甘いのでしょう❣️
臭みもなく、知っていたウニの味が否定されました。
それまであんまり好きじゃなかったんです。
ウニとイクラとどちらを取るかと言われれば、
迷わず イクラの人でした。
でも、この美味しさはお値段のことはあるなあと思います。


動くSea urchin ウニウニ…_b0365715_09143270.jpg
食べた場所は、こちら

Redondo beach, LA

でした。




🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-24 01:55 | 旅行『ロサンゼルス』 | Comments(8)

ちょっと小粋な“オモテナシ”


✈︎ San Jose (サンホゼ)に飛びました。
🛬
🚙レンタカーを借りて、45分…
郊外のPleasantonにある老舗旅館へ一直線。
知らない土地の運転は、助手席でも緊張しますね。


The Rose Hotel


美しい螺旋階段が吹き抜けに二階へ続いていました。


ちょっと小粋な“オモテナシ”_b0365715_08422918.jpeg

今年は 螺旋階段に縁があるようです。
(๑´∀`๑)

“古き良き時代のホテルが まだ残っているんだよ。”

と、ボスに勧められて泊まりました。

外観も内装も、こじんまりとしながらも風格があります。

ちょっと小粋な“オモテナシ”_b0365715_09591522.jpeg

お部屋も重厚な感じで、
生花のバラが各部屋にもいけてあります。

こういうホテルは、安易な想像どおり
お部屋にwelcomeスイーツが置いてあったり
メッセージがあったり…です。

でも、
こんなのは初めてでした。


2つのベッドの間のカーペットの上に…
室内用スリッパが2人分、
白い布の上に置かれていたんです。

ちょっと小粋な“オモテナシ”_b0365715_12015325.jpg
(撮る前に相方が1足履いてしまいました)

写真では見えないので書きましたが 
布には、

[GOOD MORNING]
[GOOD NIGHT]

の文字が織り込んであります。


室内スリッパが置いてある米系ホテルなんて…
あるんですねえ。

なんだか これ、
“オ モ テ ナ シ”
って言われたような気がしました。
(*´艸`)

ミヤコホテルにもスリッパはありましたがクローゼットの中、
自分で出して使ってちょ。。が普通です。


客室数も多くなく、スタッフの目が行き届いた感じです。
アットホームな心地良さもあり、朝食も螺旋階段横のラウンジで
軽くバフェットでいただけました。
街も歴史保存地区内で、まるでTVドラマの
『ギルモアガールズ』のようでした。





🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-23 00:00 | 旅行『サンフランシスコ』 | Comments(8)

“PINK’S” in ハリウッド🌭




ハリウッド郊外にある“PINK’S” に行きました。

そこは、
名前から想像するに“色っぽい下着を売っている店”
では ありませんよ。
れっきとしたホットドッグ屋さんです。


“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_06333359.jpg
ここです。

なんか、お店というよりは掘建て小屋風です。
でも、ここはハリウッドの“セレブ御用達”
とーっても有名なお店❣️ ラシイ…です。
ココでホットドッグを食べたい!
相方の長年の夢が叶えられたわけです。


“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_07272212.jpg
ほら、お昼も過ぎているのにこの混雑。


“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_06334794.jpg
何故に有名かというと、昔々その昔、
『デミームアとブルースウィリスが
ここで婚約をした。』

のだそうです。
それだけじゃなく、軒並みハリウッドセレブが来店。

奥の部屋には1面のいや、2面にわたって写真掲載。

私のアメリカの母と思っているマーサスチュアートもいました。
“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_06340000.jpg

で、なんとメニューにあったんですよ。

マーサスチュアート ドッグ ですって。
下の白丸です。
“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_08324032.jpg

コレにしようと思いましたが、
ベーコンにサワークリームたっぷりに見えて
胃もたれを心配。
青丸のジャダ(イタリア料理のセレブ)にしました。

“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_08373405.jpg
( 屋外のパラソルが⛱ピンクで色が反射した写真になりました。)

マシュルームに玉ねぎ、チーズに、う〜むイタリア〜ン。
と、、まあ、想像のできる味でした。




ちなみに、Webから。

“PINK’S” in ハリウッド&#127789;_b0365715_07221769.jpeg
さすがハリウッド、ネーミングが(*´艸`)です。



🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




by Lynn6 | 2020-01-22 01:59 | 旅行『ロサンゼルス』 | Comments(10)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る