人気ブログランキング | 話題のタグを見る

白黴スプレーの調合レシピ2種



タイマツバナとヒイラギの白カビ退治は、
葉っぱを丁寧に水洗いをして、スプレーをして、
自分なりのケアをしている…つもり。
スプレーの配合は色々あるけれど、
濃すぎても薄すぎても…その辺は試行錯誤で
今は、この2種。


水  1gal (3.6L)
重曹(BS) 大さじ1〜2
台所洗剤(liquid soap) 1〜2滴(drop)


ちなみに別調合で、
ハンドスプレー用にしているもの。
こちらはメインにはしておらず、気がついた時に
チャッチャと使う。

水 460ml
酢(vinegar) 大さじ1

赤字の配合はアルカリ性
青地の配合は酸性

ふーむ…
中和されるのは良いのかどうか?
同時には使わないけれど、
基本的に赤字のアルカリの方が効果がある気がする。
お詳しい方いらっしゃいましたら、
御助言お願いいたします。
m(_ _)m


太陽が高くないうちに動くとはいえ、汗だく。
そんなガードニングも虚しく、こんな発見もする。

エキナセア(紫馬簾菊)のがいっぱいあったのに、
咲いているのは か細い一本だけ。


白黴スプレーの調合レシピ2種_b0365715_21362645.jpeg

ほぼ蕾は皆gone〜
赤丸つけてみましたが、手前9割は喰われている。
🦌
今頃はピンクのバレンがたくさん咲いていたはず… (。-_-。)

彼らの通り道になっているのね。
石鹸を立てようかしら。儚い努力だろうけれど。


この花の名前(ばれん)の由来はこちらです。↓




🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




Commented by sunagimo-confits at 2021-06-16 01:49
「彼ら」って誰ですか?鹿ですか?「石鹸立てる」って、棒に刺して、魔除け、みたいなんですか?スミマセン、分からないコトだらけです…。
Commented by ian185-illust at 2021-06-16 12:13
こんにちは!

わたしも、「石鹸立てる」って??
回答が楽しみです。
「彼ら」は、「鹿」ですね。
Commented by phary at 2021-06-16 15:24 x
うちは市販のうどん粉病スプレーを噴霧してしまいました。一応オーガニックとなっていますが、紫蘇とかバジルなど口に入れるものの近くでは使えません。そこはこまめに病気の葉を摘む作戦です。
オタクは鹿、うちはナメクジとの戦いです。こちらも薬を使いたいですが、グッと堪えて夜回り、見つけ次第チョン切りの刑です。
Commented by Lynn6 at 2021-06-16 23:59
> sunagimo-confitsさん
彼ら=🦌シカです。絵文字が化ける場合もありますから、不十分な説明でしたね。m(_ _)m
石鹸を立てる=魔除け〜 です。うふふ、鹿はあの匂いが嫌いなんですって。ただ、嫌いでもお腹が空いていれば…効果はないようですが。
Commented by Lynn6 at 2021-06-17 00:01
> ian185-illustさん
こんにちは! コメントありがとうございます。

そうです、彼らはシカです。今日の昼間もあの花壇の横をウロウロしているのがいて、
ガン見して追い払いました。
石鹸の匂いが嫌いなんだそうで、鹿よけになる。という民間ガードニングです。
Commented by Lynn6 at 2021-06-17 00:08
> pharyさん
うわぁ、ちょん切りの刑って、2つに増えませんかね。ははは、なんかそういう奴いましたね。

市販薬のがよく効くのでしょうが、なんだか最近はその気になれず、たとえ自分の体に付いても安心なものを使います。それでダメなら縁を切る。→ 放置、or 植え替えてしまう。

鹿はねえ、可愛い感じもするんですが、ほんっと花芽を食い荒らすんで、ガードニングが楽しめないです。ナメクジかぁ…シアトルの人が、巨大なのが出るって言ってましたが、彼女はアパート住まいだったわ。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2021-06-16 00:04 | 花/植物 | Comments(6)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る