人気ブログランキング |

ロシアからブツが届く背景


4月1日、モスクワを飛び立ったロシアの軍用機が1機
ニューヨークJFKに到着しました。
そこには
新型肺炎と戦う現場で不足している医療品が
山と積み込まれていたそうです。

ロシアからブツが届く背景_b0365715_23433079.jpeg
写真はwebより拝借


NYCの医療現場の凄まじさはnewsにもなっていますね。
ベンチレーターもマスクも不足しているそうです。
トランプがプーチンに電話依頼をしたんだそうですヨ。
1本の電話です。📞
ソレに応えての不足していた医療物資です。
ありがたい事ではありませんか。

しばし我が家はこの話で盛り上りました。



凄いねえ、有難いわねえ。
やるじゃん、プーチン!
でもロシアだって自国に感染者はいるでしょうに…。
足元には火がついているはずよ。
こんな医療物資が送れるほど余裕があるのかしら。

ロシアはな、
細菌兵器研究では先端を行っているところがあって、
軍隊の自衛にマスクや医療機器も蓄えが多いんだ。
(見て来たかのように言う)

へえ〜、でも
プーチンに電話するトランプも凄いよね。
普通、いろいろ問題の中で気安く電話依頼なんて…
安倍さんだったら出来るかしら。

んだな、
トランプはプーチンと仲が悪いと見せかけて
実は意外に気が合う。電話依頼ができる間柄さ。
そこら辺、彼は商人だね 政治家じゃない。
でも、ロシアも中国への当て付けにもなるからな。
計算は成り立つのさ。
(文責は持ちません)

ふ〜ん、
何かにつけてロシアは中国寄りに見えるけど、
“こうしてアメリカとも手を組めるんだゼ〜”
って、中国への脅威にもなるって事ね。
でも、
トランプはアメリカ野党から
ロシアよりだ…とか突っ込まれるけどね。


奇々怪界ですねえ。

なんでもいいですけど世界で協力しあって
この大ピンチに向き合うのは良い事です。
中国は開示していない新型肺炎の情報がまだあるのでしょうか。

💪🏻
ピッツバーグ大学が “貼るコロナワクチン”を開発、
数ヶ月内に臨床試験を開始するそうです。

出口を探して頑張れ人類!




🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




Commented by rabbitjump at 2020-04-04 11:24
コロナは手ごわいです、
本当に国と国で争っている場合ではないです、
隠すことなくお互いの協力が必要ですね。
Commented by kobacken at 2020-04-04 11:39
さすがトランプさん、こういう時こそ商人の腕の見せ所!
下手に政治家気取りじゃいところがいいのかも!?
言われてみれば、細菌兵器の最先端的なところもあるロシア、そりゃマスクとかいっぱい持ってますよね〜。笑

それに引き換え中国は・・・コロナの情報もそうだけど、感染者の人数もかなりサバ読んでるみたいだし、何かにつけて摘発しては人体実験にしてるとか。。。
そもそも、コロナ自体、中国で作られたという噂もありますからねぇ。
Commented by Lynn6 at 2020-04-04 21:30
> rabbitjumpさん
おはようございます。
コロナ、手強いですねえ。
毎朝newsを見るのが恐ろしくなって来ました。
人類の英知と協力を出し合う時ですよね。
Commented by Lynn6 at 2020-04-04 21:50
> kobackenさん
こういう小気味良い言動をするトランプですけど、マスクを自国民に推奨するには全く足りず勿論 医療現場にはもっと足らず、世界から横取り?のような強硬手段も始めたみたいなnewsよみました。 ´д` ;
中国の情報隠匿、操作で人類がひどい目に遭うなんて 犯罪ですよねえ。
この先は全てオープンで協力しあって行かないと行けないのに、国同士の腹黒い駆け引きもあるんでしょうね。なんか中国(南京)のコロナ制圧記事読んでも嘘くさいです。
私たちの平和な生活を取り戻せますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2020-04-04 00:02 | Covid19をやっつけろ | Comments(4)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る