NEW POST

2018ホリデー仕様とチリトリ




☕️

秋 サンクスギビングを飛び越え、

ホリデー仕様になっていました。

b0365715_02360262.jpg


今日は、マットが淹れてくれました。(๑・̑◡・̑๑)




🍂🍂🍂🍂




落ち葉が降りしきっております。

サワサワ…


b0365715_03263415.jpg

これは、風が吹く前。


吹いた後の方が吹き溜まりができて
掃きやすいです。


b0365715_03244494.jpg

こんな柄の長いチリトリ、 o(^-^)o いいでしょう?
腰を曲げずにすみます。
ちなみに英語ではdustpanでした。


これ、janitor(掃除人)専用?の道具らしく
お店で買うときに、なんかジロジロ見られました。
きっと、こういうのを使った事がない人でしょうね。
^_−☆


アメリカの学校は、
子供たちによる『掃除の時間』と言うのがありません。

“教室の掃除は 掃除人の仕事であって
自分たちがやるものでは無い。”

と、
こんな意識が生徒に植わっていくんじゃないかな。
給食当番もしかり。

こういう所、日本の教育は素晴らしいと思います。
え?
私は古いですか?
今は 日本も違いますかね。

《暮らし部門に応募》



[PR]
Commented by luxannews at 2018-11-05 00:33
あぁ、この形のチリトリなら落ち葉が楽に集まりますね
雪国で使う大きなプラスチックの雪かき道具でもよさそう^^
自分達の暮らす場所を自分達で清潔に保つのは当然のことなのに
それをしなくなるような教育は間違っとる(*_ _)ノ彡☆
Commented by sunagimo-confits at 2018-11-05 02:02
そうですよね、ニッポンの学校の掃除当番も給食当番も素晴らしいと思います。でも、それってニッポンだから成り立つのかな…と。アメリカ来て思ったんですケド、彼らは仕事として、お金を貰って、やってるから、それは、それでイイのかなと…。多種多様な人種が居る中、移民も多いし、彼らの仕事を取ってしまう様で…。掃除も料理や皿洗いも、ウチで教えればイイのかなと…。ミシガン時代、結構厳しく躾けてる家庭、見ましたよ。その代わり、アタシはジャニターの人見たら、必ず、サンキュー言います。だって彼らが居なかったら、汚いですモンねー。どうでしょうか?
Commented by tarohanaazuki at 2018-11-05 09:04
今でも子供達が掃除をやってるようですね。
綺麗になるかどうかは別にして(笑)

一口で落ち葉と言うけど、その量はすごいですねえ!(笑)
焼き芋を大量に焼けそうですね(笑)
Commented at 2018-11-05 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Lynn6 at 2018-11-05 12:41
> luxannewsさん、
プラスチックの雪かき道具^ - ^ ウチにもあります。
形が似てますよね。私もそこからイメージしてこのチリトリ探しました。
願わくば、もっと容量が大きいと沢山とれるのにな。って思います。
教育って、大事ですよね。 ^_−☆
Commented by Lynn6 at 2018-11-05 12:51
> sunagimo-confitsさん、
うん、そうですね、ニッポンだから成り立つ…のかもですね。
でも、人が生きて行く(生活をして行く)うえで必要な基本的な事ですから、
そういう状況(掃除などを自分でしなくてはならない)になった時に、
すっとできるか否か…ってのは大きなインパクトがあるような気がします。
確かに、適材適所で得られるお仕事でもあるかもしれませんね。
どんなお仕事にも支え合う感謝の念ですね〜。
Commented by Lynn6 at 2018-11-05 12:54
> tarohanaazukiさん
そうですか、今も子供達はやっていますか。(^.^)
うふふ、そうですねえ、綺麗になるかどうかは別として。
でも、大事な事ですよぉ。ね。 ^_−☆

落ち葉… 10年くらい前に植えた落葉樹が大きくなって、
大量の落ち葉が増加しています。。。。(๑˃̵ᴗ˂̵)
Commented by Lynn6 at 2018-11-05 13:02
> 鍵コメさん、
ああ、そうですね、クリスマスカードや年賀状の準備が始まりますね。
そう、歳末は なんとも気忙しくなります。
子供の頃はそれが嬉しかったんですけれど。。。。
教育、“育ち”と言うのは、
良くも悪くも その人の生活に大きく影響するんですねぇ。
後年になってから、矯正はできないものですかねえ。。。
(๑˃̵ᴗ˂̵)


Commented by tagchutchu at 2018-11-05 19:08
こんにちは
凄い量の落ち葉ですね・・ これ、集めた後は自分たちで焼いたりするんですか?
それともごみ収集ですか??
私の住む地域では 『燃やせるごみ袋』(30L 1枚60円)に入れて 普通のごみと一緒に出します なのでお金も結構かかります。
街路樹の側に住む家の人は 役所などで言うと専用のごみ袋がもらえるので それに入れますが・・

私は給食を作っているんですが・・
後片付けの仕方も 教える先生によって格段に違いますね・・

掃除もそうなのでしょうね・・掃除の時はするけど 普段はごみが落ちていても 拾う子は少なく 踏みつけるそうですよ・・
だから町が汚くなるような気がしますが・・悲しいですね
Commented by yunko_life at 2018-11-05 20:21
お掃除の時間、なにかのニュースで見たらしく、英語の先生だったイギリス人がイイネ!してfbにのせてたことがあります。
お掃除のやり方や整理整頓を覚えるのに
小学生くらいは最も適してるように思います。
今時はよく知りませんけれど、、、
Commented by Lynn6 at 2018-11-06 02:03
> tagchutchuさん、
落ち葉の始末は 自分達で燃やすことは届け出がいったと思います。←面倒です。
地域に自然物廃棄場があって、草や枯れ木など捨てられます。
ゴミで出すことも可能ですし制限はありません。
分別とかも煩くなく、なんでも持っていってくれるので、
日本から見ると遥かに遅れたアメリカです。
ただし、ゴミ収集は個人業者がやっていて契約で費用がかかります。
ゴミはどこもお金がかかりますね。
そうですか、給食もやっぱり指導の差が出ますか。
給食指導、掃除指導とかって言いますもんね。
Commented by Lynn6 at 2018-11-06 02:05
> yunko_lifeさん、
おおお、イギリスの先生の目にもそう見えたんですね。
うん、日本は胸を張ってもいいシステムですね〜。 o(^-^)o
ま、子供社会の中にはいろいろあるかもしれませんけどねえ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2018-11-05 00:15 | @スタバ、珈琲 | Comments(12)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31