NEW POST

とても贅沢に違いない

今日のスタバのコーヒーは美味しかった。

バリスタは 若い20代半ばのマットとケイト。
カップル…ではないと 思う。(^_^*)
この2人、フレンドリーでいつも明るい。

今日は、アメリカーノ?
そうよ、1番大きいサイズでね。私のリウォードなの。
じゃあ、生クリーム乗せる?
いいアイデアね、そうして。それから 1ショット追加で濃くしてね。

しっかり私の名前(Judyではなく) を覚えていて、
他所で見かけても声をかけてくる。
シフトが終わって帰って行く時も、ブログに没頭する私に挨拶をして行く。
爽やかだねえ、若人よ。👵
そんな事が 何気に嬉しい。

普通の生活の 他愛のない会話。
iPadを持ち込んで、座り心地の良い 背の高い高い椅子に座って、
コーナー独り占め。
日中だから お客もまばら。
仕事用に作ってあるテーブルはランプも付いている。
もちろんコンセントも。

b0365715_02495844.jpg


こんな自分の時間が過ごせるのは
とても贅沢なことに違いない。




この夏の思い出の一枚

b0365715_03274893.jpg


観光客でいっぱい。席が…なかった。

b0365715_03312654.jpg

世界時間、壊れてるし…。

b0365715_03315238.jpg
でも商魂しっかり『SanFrancisco』のマグもある。
州名の入ったものは 何処にも有るけれど、
都市名の入ったものは 人気の大都市しかない。
しっかり購入 の相方だった。

暑くて寒い 変なSFの7月だった。



[PR]
Commented by mamako48722 at 2018-08-01 03:03
カフェでの一人時間、良いものですよね。
私も楽しんでいます。

ミニパットと本を持ち込んで2時間ほど座り込んでます。(笑)
お店の人、どう思ってるのでしょうね。。再(笑)
Commented by Lynn6 at 2018-08-01 09:00
> mamako48722さん、
おはようございます。

スタバは お客が個々に仕事や学業や自分の時間を過ごしている人が多いので、
気兼ねなく過ごせます。ただし 観光地のそれはきっと違うかもですね。
お店の人もいろいろですね。感じの良い人も、全く逆の人も。
だから自然と人で選んで行くようになってます。あっ、それと椅子の座り心地です。
(๑´∀`๑)
Commented by kyonchan54 at 2018-08-01 13:15
ほんとう、”↑カフェでの一人時間” 私も時々楽しんでいます。
しかし、我が家の近辺のスタバはここ数年アジアの外国人が多くなりました。
特徴でしょうか、声が大きいし数人での利用 等々。その中での一人時間は少しストレスになります(笑)
利用時間にもよるのでしょうが一人で落ち着ける純喫茶を探しています(笑)
Commented by hamasumi-life at 2018-08-01 19:25
スタバでのんびりゆっくり過ごせるのはいいですね♪
うちの辺りは横浜とは言っても完全住宅街なのに
最寄り駅前のスタバはいつ行っても混み混みで騒々しいです^^;
私はいつも豆(フレンチロースト)を買っておうちで飲みます♪
Commented by Lynn6 at 2018-08-01 23:53
> kyonchan54さん、
店内での騒音(声デカ)は、嫌ですね。
実は この お気に入りのスタバも 以前は週末になると、店内で生演奏をしてたんです。
地元アマチュアバンドとか、趣味のロックや土着楽器ナンチャラとか、、、
申し出があれば場を提供していたんですね。
それがもう、、酷いレベルで、、、、(๑˃̵ᴗ˂̵)
しかもマイクを使っての大音響!しばらく行かなくなりました。
最近来ないわねえ、、というバリスタの問いに、↑が嫌なの。って言いましたら、そのバリスタも小声で 私もよ。って。あはは。
で、最近は無くなりまして、やれやです。
気に入った場所を見つけるのも 容易じゃありませんね。

Commented by Lynn6 at 2018-08-01 23:59
> hamasumi-lifeさん、
住宅街でも駅前とかにあるスタバは 混み混みなんですね。スタバjpはまだまだ人気が高いんですね。こちらのは 店舗を減らすと言うnewsを読みましたが、さてさて どんな風に会社は舵をとっていくんでしょうか。 とりあえず、まいカフェをキープしたいです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2018-08-01 01:59 | @スタバ、珈琲 | Comments(6)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn