NEW POST

今年は一輪だけ

b0365715_05591896.jpg
今年は、
小さな 小さな 小さなアジサイが一輪だけでした。
(。-_-。)
来年は、リースが作れるくらい咲いて欲しいです。



我が家の孔雀サボテンです。
蕾が来ています。

b0365715_07004065.jpg
もうすぐですね。
昨年も 6月末が開花でした。
昨秋に増殖をしたので
今年は花芽が少なそうです。

このお花が孔雀サボテンだという事も、
ブログを通して皆さんに教えていただきました。
その生態?を観察、ググったものは、こちら。↓


月下美人のように、夜に開花するんです。
でも、そのまま昼間も咲いていますイイコイイコ
香りはありません
今夜あたり咲きそうです。

このお花は、遠くへ引っ越していったお隣さんからの株分けでした。
その元は、彼女のお父さんからだそうです。
花友と言うんでしょうか、園芸好きな人で、
いろいろ教えてもらいました。
英語では green thumb (緑の親指)と言うんですよ。

She has a green thumb. 彼女は花を育てるのが上手い。

毎年、このお花が咲くと、彼女のことを思い出します。
お花を通して 誰かを思い出す。
誰かの記憶が お花で繋がっている。。。
ロマンですよね。
私は 秋明菊とツバキを見ると 父を思い出します。





[PR]
Commented by cooe_s21 at 2018-06-24 01:25
こんばんは。
秋明菊と椿、、、優しくて強い素敵なお父様なのでしょうね。
うちの母もお花が好きでしたが、例えるとなんだろうなぁ。

Commented by marronmaison at 2018-06-24 05:37
まだ、全体が染まっていないアジサイがとてもきれいですね。
自然の色合いというのは想像を超えます。
何年も前ですが、友達から月下美人の鉢をもらいました。
開花寸前の状態でもらったのですが、夜に花が開いて 香りがすごかった♡

花を育てるのが上手な人は、心が優しいんでしょうね。
私はすぐに枯らしてしまうので、うらやましいです。
お花を通して誰かを思いだす… その誰かさんもきっと幸せです。
(*´ω`)
Commented by p-bluepaper at 2018-06-24 05:38
お花で人を思い出すなんて素敵な話…。
義母は天気草(ポーチュラカ)で自分の母を思い出すそうです。
私にはありません、これから出来るといいな。
Commented by itotohari at 2018-06-24 10:16
Lynnさんの孔雀サボテン、美しいですよね〜☆
そしてこの紫陽花、優しい色ですね!まだ若いせいでしょうか⁈白からピンクに変わる途中の…なんとも言えないイイ色です♪( ´▽`)
花をみて誰かを思い出す、、、有ります!有ります!
私の紫陽花好きは母親の影響が強いですね。とにかく母は紫陽花が大好きでした。そんな母は私の影響で秋色紫陽花に目覚めたようです。それまでは秋花を木に付けっ放しだった人が「変幻した紫陽花は簡単にドライになるよ!」とやってみせたら、翌年からドライにし自分で作った籠にいけて楽しんでいるようです♪(^◇^)
そうそう、私はタイマツバナを見るとLynnさんを思い出しています。ってお会いしたこと無いですが…♪(^^うふふふふ
Commented by Lynn6 at 2018-06-24 10:24
> cooe_s21さん
こんばんは。
父はね、よく 紅い椿を一輪いけていたんです。良いなぁ〜〜 と1人悦に入って。
そして秋明菊は 自分の言葉で 好きな花だと言っていました。
不思議ですね、もういないんですけど お花達は毎年記憶と共に蘇ります。
Commented by Lynn6 at 2018-06-24 10:31
> marronmaisonさん、
まあ、月下美人はそんなに香りが良いのですか。子供の頃、咲いたから見においでと言われて 親に連れられて他所のお宅まで行ったことがありましたが、その頃は興味もなく、ただただ夜に咲くなんて変な花だと思ってました。(๑˃̵ᴗ˂̵)
今なら凄いご馳走のように思って見に行くだろうと思います。
私もよく室内花をダメにします。大抵は水のやりすぎなんですけど、難しいですね。セントポーリアもシクラメンもシャコバも 我が家には生き残っておりませぬ。
そうですね、思い出した誰かさんもきっと幸せでありますように。
Thinking of you.
Commented by Lynn6 at 2018-06-24 10:35
> p-bluepaperさん、
義母さんはきっと何かポーチュラカにまつわる思い出を
お母さんと共有しているのかもですね。
おかきさんは 今気がつかないだけかもですよ。(๑・̑◡・̑๑)

Commented by Lynn6 at 2018-06-24 10:42
> itotohariさん、
紫陽花の色の変化って、良いですねえ。若くとも、老いていくのも。
私もsuzuさんに教えてもらった1人です。 o(^-^)o
まだあの時のリース、飾ってあります。かなり色が褪せましたが。

まあ、嬉しい。タイマツバナで私をイメージして下さるんですか。
うふふ、“燃える女Lynn ” じゃなくって、本当にいっぱい教えていただきましたもん。
そうそう、私は ヤツシロソウを見ると、間違いなくsuzuさんを思います!
だって、北米からのあの写真だけで、ビンゴですよ。いくらプロとはいえ
記憶の片隅から引っ張り出せるのにも感嘆しました。
思い出いっぱいです。ありがとうございます。m(_ _)m
Commented by kyonchan54 at 2018-06-24 13:20
タイマツバナといいクジャクサボテンといい、Lynnさん家に咲く赤い花は色が鮮やかですね。綺麗!

昨日のくまもん(やつしろそう)、知りませんでした。
九州の高原などで見られるそうで、今は生息地の環境悪化で、環境省のレッドリストでは、絶滅危惧ⅠB類(EN)に登録されているそうです。その内、滅びるだろうという段階のようです。その花が北米に咲いている。調べていてエエエ~?驚きでした。
昨日のコメントをここに書いてしまいました m(__)m
Commented by mimanon at 2018-06-24 21:02
Lynnさん(*´︶`*)ノ゙☆

紫陽花。
小さな小さな紫陽花。
でもなんて可愛い紫陽花なのでしょう!
沢山咲くのが当たり前だから、
ポツリと健気な咲く景色が綺麗に感じます。

孔雀サボテン。
鮮烈な赤が目に染みます!

花で繋がって行く人々。
素敵です☆
私は今のところここで完結しています💦

緑の指。green finger...
と、こちらではよく聞きますが、
正しくは、緑の親指、だったのかしら👍🌿

お父様の記憶。
秋明菊とツバキなんて、
しっとりしてなんだか胸がキュッと
しました(*´︶`*)❀
Commented by Lynn6 at 2018-06-24 22:46
> kyonchan54さん
ヤツシロソウの話、んもう驚きでしょう?絶滅危惧種がこんな所に!まじまじと写真と教えてもらってググったのと比べました。でもやっぱりヤツシロソウにしか見えず、驚きを通り越して感動でした。しかも熊本地震2016のあった年で「ありがとう、頑張るけん」って、応答メッセージをウェブで見た時、胸が熱くなりました。以来、ヤツシロソウは私の中で くまモン です。
とはいえ、厳しい自然界です。
再開できて嬉しかったです。
いえいえ、コメントはいつでもどこでも大歓迎です。ありがとうございます。
m(_ _)m
Commented by Lynn6 at 2018-06-24 22:59
> mimanonさん、
さっき たった今さっき、子鹿が結界のフェンスをくぐり抜けて この紫陽花のそばに顔を寄せていたので、大急ぎで追い払いました。フェンスが広すぎたようで、追加でもっと立てておきました。子鹿はまだ斑点があるのが二頭もいて、可愛いんですけどねえ。。。。。
こうやって、みんな食べられちゃいます。
花で繋がっていく人々、もう近くに居ない人ほど思いが強くなります。

“green finger”初めて聞いたのでググりましたら、英国式だそうです。
面白いですね、_φ(・_・ アメリカでは親指で イギリスは指 o(^-^)o
勉強になりました。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2018-06-24 00:45 | 花/植物 | Comments(12)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31