NEW POST

手放せない14歳〜17歳の自分


今日は、はるか昔の 私の作品を。。。
実は、、、、
まだ持っているんです。ここ、北米に。 (๑´∀`๑)

14歳、
中学三年の美術の時間に作った箱

b0365715_22251728.jpg

箱は 学校からお与え、材料も提供された。
表面のデザインをして、木の皮で貼り合わせるもの。
大人っぽい感じで、背伸びをした自分がいる。




高校一年の美術工芸の時間に作ったもの。⬇︎
廃材をドーンと置かれ、そこから
“思うものを作れ。”
今から思えば、何という指導 テーマの与え方。

でも、
スプーンと腕輪を作った。
b0365715_22271841.jpg

仕上げはサラダオイルでキュッキュッ。


b0365715_22284161.jpg


この木製スプーンのポイントは、
この部分 ⬇︎

b0365715_22280170.jpg


生活用品が自分にも作れるんだと 嬉しかった。
(๑・̑◡・̑๑)




これは、板から作った箱。17歳の時。

ハタガネを使えるのが嬉しくて、開かずの直方体を作ってからの切り取り。
塗装のアイデアがなく、手持ちの布を貼った。

b0365715_22264121.jpg
(^◇^;)
角は シワシワ…蝶番とフックは苦戦してネジで留めた。
授業ではなく自分の日曜大工、第1号。
長らく 救急箱として活躍。

どれも処分ができずに 今も保管している。

手にすると、ティーンの私がそこにいる??
何にも変わっていないインサイドの自分。。。
のつもり?

いやいや、違います。
あの頃より、
もっと 自分のことが好きでいられる気がします。
o(^-^)o








[PR]
Commented by heididayo at 2018-04-23 01:44
こんにちは(o^^o)

中高生が課題で作ったとは思えないクオリティの高さとセンス!
何なんですか?いったい!
特にスプーンのデザインが、熟練の技にしか見えないんですけど。
その後、工芸の道に進まれたのですか?
Lynnさんの謎が深まるばかりです。。。
Commented by marronmaison at 2018-04-23 03:52
まさに、スプーンのデザインはプロの工芸家ですよね(゚∀゚)
きれいなデザイン♡ これを思いつくことも、すでに芸術です!
廃材からこんな素敵なものが作れるなんて、そして授業のクオリティの高さも、ほんとに驚きの一言です。
Lynnさん、芸術の道に進むべきですよ!
Commented by p-bluepaper at 2018-04-23 08:16
Lynnさん
すごい、仕上がりはプロ級。
これを中学生で作ったの?
こだわりと、集中と、気持ちが伝わる作品ばかり。
こつこつと仕上げたのでしょうね。
学生服を着たLynnちゃんが、そこに居るようよ。
時は経っても原点になるものが身近にあるっていいよね。
支えになる作品だ。
昨晩も白和えでした、思い出しました…
母の白和えには少量の味噌が入っていました。
今度やってみます。
Commented by yunko_life at 2018-04-23 08:28
中学生が作ったとは思えない作品ですね。
スプーンなんて職人さんみたいです。

今は、こういったことされないのでしょうか。
Commented by itotohari at 2018-04-23 08:33
おおおぉ・・・凄い!!の一言です☆ヽ(*^ω^*)ノ
中学生で遠近法でいいのかな?透し図法だったかな?やられたんですね。レベルの高さを感じました。
そしてそしてスプーンはプロ級ですよ!!10代の作品とは思えません。素晴らしい!!箱だって塗装よりもこうゆう布張りの方が好き♡(*^ω^*)(お裁縫箱にもなりそう…)
どれもこれもお宝ですよ!!家宝のレベルです。
Commented by syouhou36 at 2018-04-23 09:12
お早うございます。
ワタシは中2のときに美術の授業でスプーンとフォークを作らされました。
その作品は悲惨なものでした。
朝からLynnさんのスプーンを見て、器用不器用以上に、スタートから作品へ取り組む構えが違いすぎたのと痛感しています。(T^T)

Commented by luxannews at 2018-04-23 09:47
14歳にしてあの箱\(◎o◎)/
スプーンに指輪\(◎o◎)/
熟練の職人技と深い精神性を若くして身につけていらっしゃった!
誰に教わったわけでもなく・・・正真正銘 天才 ですね
若い頃に作ったものや書いたものは
残しておくのが嫌で、全て捨ててしまいました
自己否定の積み重ねが今の自分・・
この歳になりようやく残しておけばよかったと
――あの頃の自分に会ってみたいと思うようになり
ちょっと後悔しています^^;
Commented by refresh-3 at 2018-04-23 10:55
Lynnさん 素晴らしい才能ですね
最初のBOX模様がとても綺麗だし
スプーンのフォルム プロの方が作ったみたい
小さなスプーンもかわいい!
どちらもこんなにツルンと磨かれて。
腕輪もステキです
廃材から生まれた作品を見て
先生 ビックリされたのでは?
きっとLynnさんのがクラスで1番だったでしょうね
最後のカルトナージュはフックまでついているんですね
どれも捨てられない一生ものですね
Commented by kyonchan54 at 2018-04-23 11:03
「凄い!」の言葉しか思い浮かびません。
今のLynnさんのセンスとテクニックはこの頃から培われた者なのですね。
茶道を習っていた時に茶杓を削ったことがありましたがとても見せられるものではありませんでした。美術や技術家庭は子供の頃から得意ではありませんでした(笑)
羨ましい!
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:12
> heididayoさん、こんにちは。
ありがとうございます。スプーンは カッコいいんですけど、実際に使うには 傷つくのが怖くて使えてないので、本来の目的を達せず、ダメですね。飾りにしかなっていないんです。
工芸の道なんて、、そ、そんなわけないじゃないですか。(^◇^;)
お、ワタクシ 謎の女、Lynn?うふふふふ。
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:15
> marronmaisonさん、
ありがとうございます。
材木って、木っ端でもいろんな使い道があるんですね。そんな勉強をさせてもらいました。
芸術の道? すっごいイバラの道で険しそうなので、私にはムリムリですよ〜〜。
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:22
> p-bluepaperさん、
うん、中3で作ったんです。すごい時間がかかって、家で仕上げろと宿題になりました。受験生にこんな時間を食うことをさせて、、、って他の親からも非難があがったと、聞きました。切り貼りの地味な作業でしたが、勉強してるより良かったです。 o(^-^)o
セーラー服の私が見えますか?嬉しいです。

おお、白和えにお味噌が少しはいるのですか?それはきっと白味噌ですね。(色からも)
コクが加わって美味しそうですね。今度やってみます。ありがとうございます。
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:28
> yunko_lifeさん、ありがとうございます。
木をいじって何かするのって好きなんですが、何せ 力仕事、指先も使います。
もう今は 関節が痛くなるのでダメです。何か違うものはないかと、、、模索したいです。
o(^-^)o
Commented by longsleeper at 2018-04-23 12:29
どの作品もとてもお上手ですね。その年齢の方の作品とは思えません。Lynnさんの物作り好き(?)とその才能は天性のものなのですね。”手放せない14歳~17歳の自分”というタイトルも素敵です。作品とぴったりです。拝見させて頂いている私に何か哲学的なものを静かに語りかけて来るような気がします(o^―^o) Lynnさんは岐阜県ご出身と記憶していますが、教材が木というのも土地柄ですね。木は温もりがあって良いですよね。私、とっても好きです。
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:36
> syouhou36さん、
おはようございます。
私は 勉強するより、何か作っていた方が好きだったんですよ。そしてそれが生活に役立つ 使えるものであったら嬉しい。という単純なもの。
それって、美術というより家庭科ですよね。そう思っています。


Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:43
> luxannewsさん、(^◇^;)褒めすぎ!
熟練の職人が聞いたら怒りますよ。深い精神?それは勉強するより楽しかっただけですよ。

“自己否定の積み重ねが今の自分…” うんうん、それ有りますね。あの作品を作る過程の中にも、自己否定があって、自分を模索している青い自分がいて、この歳になって そんな昔の自分が愛おしく思います。今なら、昔の自分に、大丈夫だよ。それでいいんだよ。って言ってやれるんですけどね。 ^_−☆
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:53
> refresh-3さん、
ありがとうございます。m(_ _)m あのスプーンは サラダオイルで磨いたんですが、休み時間もお昼休みもコシコシ磨いておりました。学生時代の思い出の1つになりました。腕輪は後に友人から作って欲しいとオーダーが来ました。当時、あんな木の腕輪が流行りましたもんね。

私の高校は、普通科以外に美術科と音楽科がありまして、私は普通科の生徒でした。
なので、美術の才能溢れる同級生は美術科にたくさんいて、彼らは 本当に凄かったですよ。私は全然フツウの女学生でした〜〜。
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 12:59
> kyonchan54さん
お褒めをいただき、ありがとうございます。m(_ _)m
茶杓は父が作っていたのを覚えています。火で温めて曲げを作ったり、難しそうだなと思って見ていました。茶道はお道具を作るところまで行くんですね。
そっか、私は5教科の勉強するより、作っている方が好きでした〜〜。あはは。
人それぞれですね。 ^_−☆
Commented by Lynn6 at 2018-04-23 13:30
> longsleeperさん
ありがとうございます。m(_ _)m
10代の頃というのは、周りが見えず、自分もわからず、尖ってみたり、自己否定をしたり、、、そう言う多感な時期ですよね。だから未来への希望も不安も作品に出てくる。歳をとった自分だからわかることかもしれません。

はい、岐阜県です。そうですね、木の豊富な土地柄です。確か、あの材料の木は“イチイ”であったと記憶しています。イチイは木工加工には適しているそうで、そういう意味では、美術の先生は、良質な木っ端を教材に持って来たわけですね。しかも県の木がイチイです。ちゃんと考えてらっしゃったんですねえ。longsleeperさんのおかげで 今になって気がつきました〜。^ ^

Commented by Lynn6 at 2018-04-23 13:44
> itotohariさん、
(今日はみなさんに沢山コメントいただいて 嬉しくて頭が混乱して、お返事が前後しています。m(_ _)m )
ええ、なんだかあの作品に取り掛かる前に、そんなような事を先生が授業でやられたような記憶があります。なので 素直にそれをそのままデザインに生かしたんだと思うんですよ。すると、ちょいとカッコいい大人っぽいものになったんですね。そうか、私も大人っぽいの出来るわ、、と、背伸びをしたみたいな。

そうそう、実はこの箱、本当は裁縫箱のつもりで作って、中に二段になるようにスライドできる仕切りもあったんです。どれも布張りで。それが裁縫道具がどんどん増えていって、この大きさじゃ入りきれず、救急箱に変身したのでありました。← suuさんのおかげで思い出しました!
Commented by zakkkan at 2018-04-23 14:15
素敵ですね
お子様の(m(__)m)作品とは思えないです
シックさが・・背伸びですか?・
(´ー`*)ウンウン・・この年齢にはあって当たり前の

私??あの頃の物品は、皆無ですが
あの頃の思い出は・・ぽろぽろ・・ありますから
倍以上生きているのに・・ね!!!(笑)
Commented by maehimawari at 2018-04-23 15:46
こんにちは。
すっごいっ!・・・ビックリしました。まさに職人の妙技ですね。
中学でその才能が刺激され、高校ではすでに職人の域。
スプーンは、その拘った安定感が特許ものだと思います(^^♪
もう宝物です^^

モノづくりがお好きだったのですね。
才能豊かな方は、人生が人の何倍も楽しめます。
ほんと、羨ましいです(^^♪
Commented by sutekinakurashi7 at 2018-04-23 23:56
こんばんは!コメント殺到の中ですが、どうしても言わせて頂きたくて┄笑
スプーンのデザインが、特に凄いです。柄の先がピタッと落ち着く感じ、、、ありそうでなかった工夫だと思います。売り物だったら、迷わず買ってます!! HIGA (コメントのお返事は、どうかお気遣いなく❗)
Commented by Lynn6 at 2018-04-24 00:40
> zakkkanさん、
ね、この年齢って、大人っぽさと子供っぽさが同居して自分でも驚いてる時ですよね。

うふふ、そうですね、あの頃の思い出は・・ぽろぽろ・・ありますね。
zakkanさんのはどんな思い出でしょう。
Commented by Lynn6 at 2018-04-24 00:44
> maehimawariさん、褒め杉君です。
単に勉強するより手を動かす方が好きだっただけです〜〜。(^◇^;)
でも手や時間をかけただけ愛着があって、実際に使ったら痛むのが嫌で飾り物になっている。。というのは 如何なものかと。あっ、あのピンクの箱は使い込んでシミだらけのボロになっています。これが本当ですよね。
コメ、ありがとうございます。m(_ _)m
Commented by Lynn6 at 2018-04-24 00:48
> sutekinakurashi7さん、
見てくださってありがとうございます。
なんだか昔の私にエールを送っていただいたみたいで、とっても嬉しいです。
あれらの作品、大事にしなくっちゃ。
コメ欄長くなってしまったのに 付けてくださって感謝です。m(_ _)m
Commented by tarohanaazuki at 2018-04-24 09:32
なんて素敵な作品の数々!
Lynnさんの手仕事好きは、ティーンの頃から始まってたのですね!
スプーンなんて、立派な売り物になりますよ!
いやはやビックリです!
Commented by Lynn6 at 2018-04-24 11:59
> tarohanaazukiさん、m(_ _)m
ありがとうございます。
もう40年以上も前のものなんですよ。アンティークですよねえ。
私も 骨董品になりかけております。 (๑´∀`๑)
Commented by asahinahikari at 2018-04-24 22:53
こんばんは
皆さんの驚嘆のお声が聞こえて〜私も唖然です
すごい見事な作品ばかりです〜スプーンもですけど腕輪はくり抜いたのでしょうが
まさに職人技ですね
そして恐らく下に敷いているレース編みもご自分で編まれたのでしょうね
沢山の👏をいたします
Commented by Lynn6 at 2018-04-24 23:51
> asahinahikariさん
こんばんは。
見てくださってありがとうございます。
皆さんから こんなにcomlemntsを戴き、木に登っている豚の私です。
これらの作品も 誰からも振り向かれずにきているので、喜んでいると思います。
ああ、ブログに載せてやって良かった…。

はい、ご想像の通り、下のレースも編みました。
一時、ハマったんです。今はもう、、、ですけどね。

コメント、ありがとうございました。m(_ _)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2018-04-23 01:11 | 生活 | Comments(30)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
カレンダー