人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ID提示でショックを受ける


日本でもそうですが、ここアメリカでも
未成年の飲酒は禁止されています。
それで、たとえスーパーでのビール購入でも
ID(運転免許とか)の提示を求められます。
つまり、“おつかい”で
未成年がアルコールを買うことはできません。
もっとも、明らかに成年と見受けられる高齢者には
往々にして外見パスがあり得るようです?

🍺

先日のことです。
久しぶりにビールを買おうとレジに並んだ米人ボス、
50代も半ば、白髪もチラチラの風貌なのに
ID提示を求められた。
もちろん快く運転免許証を提示した彼。
ところが、

アルコールはお売りできません。

え?どうして?

この運転免許証は期限が切れています

ヽ( ̄д ̄;)ノ

生年月日で確認はできるはずなので
食い下がればビールは買えたかもですが、
彼は、失効していたというショックに言葉も出ず、
ビールどころではなくなってしまったそうな。
まあ、気持ちはわかります。
うっかり失効ですね。
無免許でずっと運転してたわけで…
しかも取り直し手続きとか費用とか面倒です。


🚙
🍱



贔屓にしている日本食店の大将(70代)は、
もう随分と日本に帰っていないそう。
それが結婚式出席で帰国になった際に、
なんとパスポートが失効していたことが判明。
随分と違法滞在者になっていたんだそうです。

(⌒-⌒; )

他人事じゃありませんよ。
運転免許、パスポート、グリーンカード、5年、10年とか
期限があるものは気を付けないと。
と思った次第です。





🌀本日も読みに来て下さって、m(_ _)m ありがとうございます。
それぞれ ランキングに参加しています。
↓ ↓ ポチポチして頂けると嬉しいです。🙇🏻‍♀️

専業主婦ランキング




# by Lynn6 | 2022-08-12 00:15 | 生活 | Comments(0)

北米での暮らしの工夫、心に思う事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る