NEW POST

日米 両国にあったら良いなと思うもの。



昔、こちらで大変 お世話になった日本人の奥様がいらっしゃいまして、
私より10歳ほど上の方で、海外生活の長いエキスパートでありました。
その方が帰国をされて久しいのですが、
いまだに 希望をされて 時々 お送りするものがあるんです。

それは、これ。


b0365715_01133108.jpg



(๑´∀`๑) 日本にもお馴染みですよね〜

でも、
このスナックサイズが、日本には無いのだとか。

大きさは 17cmX9cmくらいで、普通の半分の大きさです。

写真は、緑矢印がスナックサイズですよ。

b0365715_01213691.jpg
このスナックサイズ、なかなか重宝します。

どうして日本に標準で 売っていないのか不思議です。
いや、コストコなんかにはあるかもしれませんがね。

ただし、これ
袋の単価は黄色矢印の倍サイズと同じなんです。
材料半分なのに 同じ値段。。。
これも不思議です。



(๑・̑◡・̑๑)


逆に、アメリカにあったら良いなと思うものは、

サランラップ類のハーフサイズ。
ちょうど、お茶碗にかぶせるのに良い大きさですよね。
無いんですよ、こっちに。

変ですねえ〜〜 (๑´∀`๑)


💠


こちらも 柏葉アジサイの変色が始まっていました。@近所のモール

b0365715_10484977.jpg
美しいですね。 o(^-^)o

このお花は 両国ともに 有りますよ。







[PR]
Commented by kyonchan54 at 2017-07-15 10:22
少し前まではタッパウエアー派でした(回し者でも販売もしていません・笑)。ラップ類プラスチック袋類の使用を減らすつもりでした。しかし、コストも高いし不便な点もあり今はジップロックを愛用しています。
不思議ですね。何でも大きいものが多いアメリカにあってサイズ的には日本人向きなのに日本にない。因みに日本のSサイズは17.7cm×12.7cmです。
お茶碗のサイズにラップをかける人、アメリカには少ないのかもしれませんね。
注意して見てみると色々疑問が出てきて面白いですね(笑)
Commented by Lynn6 at 2017-07-15 11:07
> kyonchan54さん、そうですよね、ラップやジップロックなんて使い捨てはエコじゃないですよね。減らすべきです。そういう観念は米人にはかなり少ないのか便利さ優先は変わらないと思います。そっか、お茶碗のサイズからしてないですよね。だからラップのハーフサイズがないのかもしれませんね。チーズとかリンゴ半分とかに便利なんだけどなぁ。タッパーウェアも昔 流行りましたが、今はもうあるのでしょうか??
Commented by tarohanaazuki at 2017-07-15 22:41
それぞれ双方とも需要がないと決めつけてるのでしょうか?
どうせだから試しに全サイズを置いてみればいいのに(笑)
最近は密封できるクリップ類もたくさん出回ってるので、昔みたいに洗濯ばさみやゴムで留めなくて良いから助かりますよねえ(笑)
Commented by roserose0718 at 2017-07-15 22:47
おはようございます。

ジップロックで思い出しました。
甥が、学校に行くとき、サンドイッチやオレオのオヤツを入れて持って行ってました。
お弁当箱やタッパーではなく、使い捨て?と思いましたが…。文化の違いとして受け止めました。
当時、温かい便座が無かったり、ランドリーの洗濯機は水ではなくお湯が出ていて、汚れが良く取れたこと。でも、とても縮んで困ったこと。思い出しました。(苦笑)

アジサイはあるのですね。(^^)
とても可愛らしい色で、優しい気持ちになれそう。
Commented by Lynn6 at 2017-07-16 00:27
> tarohanaazukiさん、うふふふふ、密閉のためのクリップ類ですが、 (๑´∀`๑)ここだけの話、私は 木製の洗濯バサミを使うのが1番好きです。あははは、レトロでしょう? azukiさん、ドン引きしちゃう?(๑˃̵ᴗ˂̵)
Commented by Lynn6 at 2017-07-16 00:32
> roserose0718さん、ああ よくご存知ですね。お弁当事情は今でもそうじゃないかな。暖かい便座は 今もないです〜〜。ウォシュレットも普通、ないです〜〜。
あはは、ちっとも変わっていませんよ。
そう、お花はね、同じのがあります。(当たり前でしょうけど)
なんか嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2017-07-15 05:00 | 生活 | Comments(6)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn