NEW POST

フランス系移民のほのかな香り

南部の方に少し遠出をしてきました。
🚘

州外のずーーーっと南の田舎町ですが、ダウンタウンはそれなりに古い街で
そこにある老舗ホテルで、ブランチに入りました。

田舎といえど、やっぱりダウンタウンはビルも並び、駐車場を探してぐるぐる。。。
しかし、、、ありません。
そのホテルは バレーパーキング(Valet Parking) だったんです。

バレーパーキングは、
玄関に車を乗り入れると、係員が来てドアを開けてくれ、
パーキングに持って行ってくれます。私たちは車からそのまま降りるだけ。
帰りは、チケットを渡すと、目の前まで 車を持って来てくれます。
自分で駐車場に入れる煩わしさもなく、取りに移動する必要もありません。
かなり気分が良いですね〜〜(๑・̑◡・̑๑)
でも、高料金である事は ご想像通りです。

帰りにチケットを渡し、待っている間に駐車料金を払いますが、
おいくらですか。と聞きましたら、
お食事をされたお客様は無料です。と。。。
今までバレーパーキングで (沢山はありませんが)、無料だったのは初めてでした。
“おもてなし”の心を感じましたよ。
何でもかんでも店の格付けにバレーパーキングにしたり、
便利さはお金で買うシステムに辟易です。

ドアマンも制服できびきびと動き、笑顔が温かかったです。
これが、NYCのドアマンだと、こわーーーい顔をして
フンっ、田舎者め。って舐められてる感じがします。(僻んでますねえ)

うふふ、イメージ良し。
もちろん、この場合も係員にはチップですよ。(面倒なシステムですね)

食事はブランチで土地のお料理をバフェスタイル。
思ったより味付けが薄めで品良く、こちらも意外でした。
田舎だから〜、、、って舐めていたのは私の方だったかもしれません。(^_^;)
美味しくて、まんぞくさんです。 (๑´∀`๑)

b0365715_06062323.jpg

二階が宿泊の受付ロビーになっていました。
此処には泊まりませんでしたけど、ドアマンさんが、
お二階が綺麗ですよ、ご覧になってください。
と。

b0365715_05541291.jpg
高い天井は、三階との吹き抜け。
壁のレリーフや柱のデザインには 何か意味があるのでしょうかね。
ここら辺は、フランス系移民が多いんだそうです。

b0365715_05543912.jpg
待合にはこんな椅子が。
面白いですね。

b0365715_05531801.jpg

アンティークな電話も、館内通話に置いてありました。

まあ、
古いと言っても、北米の歴史はヨーロッパには敵いません。
そこからの移民達の名残をほのかに感じる程度です。
でも それも、これから歴史になっていくんですよね。





















[PR]
Commented by tarohanaazuki at 2017-03-22 09:57
わあ〜♪映画の一場面みたいですねえ!
私だったら、この歴史のありそうな風情に、ビビって食事が喉を通らないかも(笑)

チップをあげたことがないのですけど、ドキドキしませんか?(笑)
裸でお金をあげるのがどうにも難しそうで(笑)
そんなことを言ってたらそちらでの生活はできませんよね(笑)
Commented by kyonchan54 at 2017-03-22 10:02
おはようございます。
趣のあるステキな建物。オシャレでフランスの香りがしてきそうです。古いものを今風にアレンジして使うも上手ですね。

米語はフランス語訛りはありませんでしたか?連れ合いのベルギーの友人はフランス語訛りの英語、イントネーションがフランス語で貧弱な英語能力の私は聞き取れずにいつも困ってしまいます。
失礼しました。フランス系移民の方も時を重ねていますよね。流暢な米語を話されて当たり前ですよね。ごめんなさい。

旅の話好きです。いつもまたアメリカには行ってみたいと思っています。色々な情報をお聞かせください。
Commented by Lynn6 at 2017-03-22 11:05
> tarohanaazukiさん、おはようございます。
いえいえ、ここ気取りがなくて 落ち着いた感じの温かいムードのホテルでした。よく映画で出てくるような高級ホテル、装飾もお金をかけ、歴史があるならなおのことランクを上げ、お客を選ぶような所がありますよね。そういうのがなくて、とても気持ちよく、お料理もおいしくいただきました。こんなのは久しぶりで滅多にないのでブログに残しておきました。
チップって、日本では現金をそのまま渡す非礼さを思っちゃいますよね。でも、そういうデリカシーはありませんから。サービスを受けたらお金を渡す。向こうも当たり前に受け取りますから。
Commented by Lynn6 at 2017-03-22 11:25
> kyonchan54さん、私も貧弱な英語力なので、中国語、スペイン語の訛りくらいしか判別できません。思うに北米の地方の訛りって やっぱり最初の入植者のアクセントから派生しているのかもしれませんね。流暢な英語、、、永遠の憧れです。
日本でもありますよね、地方からのアクセントや言葉が、普段の標準語の中にヒョイと出てきてお国がわかるって。あんな感じなんでしょうかね。
ベルギーのご友人は仏語訛りの英語!ヨーロッパの方は何ヶ国語も話す人が多いと聞きますが、
聞き取りにくい、、、想像ができますソレ。で、私はそういう時、相手が訛ってるから分からないんだと、自分のヒアリングを棚にあげることが多々。でもね、あちらさんだって私の訛りで分からなくなり、会話が不毛になってしまいます。それ、、、辛いですね。笑い話みたいですけど。真ん中に英語が母国語の人が入ると助かりますが。(その人大変ですね)
私も kyonchanさんの旅のお話、大好きです。また教えて下さいね。
Commented by 咲ちゃん at 2017-03-27 09:36 x
バレーパーキングって言うんですねぇ~。φ(..)メモメモ
仕事関係で利用したホテルで、ほんの数回ですが経験があります。Lynnさんの仰る通り、かなり気分が良いですね〜〜(๑・̑◡・̑๑)うふふ・・・私的でもリッチな気分を味わいたいですが、私のような庶民には敷居が高い~。(>_<)素敵な内装に、温かい心での「おもてなし」。憧れてしまいます。(#^.^#)
あの風変わりな面白い椅子。主人と私にほしいなぁ~!並んで座りたくないもの。(⌒▽⌒)アハハ!
Commented by Lynn6 at 2017-03-27 10:30
> 咲ちゃんさん、おはようございます。
バレーパーキング、俄かリッチになって気分いいですよね。でも、もっといいのは 運転手付きです〜。うふふ、夢のまた夢です。(๑>◡<๑)
あの風変わりな椅子は、違う方向を向いて座って なんなんでしょうね。恋人同士で座りたいとは思わないでしょう。でも、見知らぬ同士が腰をかけるには ちょっと近い感じがして躊躇します。(´∀`) そっか、熟年夫婦にぴったりなのかもねえ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2017-03-22 05:00 | 生活 | Comments(6)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn