NEW POST

オットの呼称は何ていう?

昨晩、夜中の2時過ぎ。
真っ暗な中、寝付けずに眠る努力をしていますと、
ピピピピ っと携帯の着信音。
3時間時差のある上娘からでした。
起きているだろうと勘が働いたそうな。
(なぜだか、上娘とは間合いが良いことが多い)
急用ではなく 単にかけてみようという他愛もないものでしたよ。

その中で
今日3/8は、国際女性デー(International Women's Day)だったので、
彼氏くんから 蘭の花をもらって、買って来てくれたブラックベリータルトを一緒に食べたのだと。
なぜにブラックベリータルトなのか知りませんが、食べたかったんでしょうね。

で、ポイントは
そういう事をするものなのか。と。。。。。
そういう意識のある男がいるのかと。
いや、若い世代は そういう教育を受けて来ているわけですよね。
ちょっと 新鮮でした。
(彼氏くん、好感度 アップ⤴️)

私は取り立ててこの日を重視するわけでも、男女平等の旗を振って扇動するわけでもありませんが、
ふと、
ふと、いつの頃からか、自分の中で変化して来たものがあります。
そのひとつが、
夫婦間での呼称です。

うちの夫(おっと)が、、
主人が、、、
旦那さんが、、、

これらの表現を意識して使わなくなりました。
特に下の二つ。字のごとく主従の関係を意味しますもの。

じゃあ、なんて書いているか、、、って?微妙なところなんですけれど、
“ 相方 ”にしています。漫才コンビのボケとツッコミの相方。(๑>◡<๑)

皆さんのブログにお邪魔していて、同じように この相方という表現を使われる方がいらっしゃると
すごい親しみを感じてしまいます。
同じことを考えていらっしゃるのかしらと。(๑・̑◡・̑๑)


✈️


手作りの切り干し大根です。
もちろん、日本から。m(_ _)m

b0365715_05293879.jpg

水に漬けて戻しています。
椎茸と、今回は銀杏を多めに入れてみました。
うまうま、銀杏のかすかな苦味と風味が良く合いました。
「あったら嬉しい切り干し大根」
この名言をはいた下娘に食べさせてやりたかったです。













[PR]
Commented by nagako1953 at 2017-03-10 07:09
同じ考えの方がいてよかった(^_-)

お花をプレゼントしてくれるような男性が相方だったらよかった、残念。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 07:31
> nagako1953さん、おはようございます。
私もnagakoさんの「相方」を見たとき、嬉しかったです。
うふふ、ようやくブログに書けました。
Commented by manmanbu at 2017-03-10 08:58
おはよーございます。私は、旦那と書いてますが、旦那は主従の関係を表す言葉だったのですか(-_-;)知らなかった(無知ですね(*^.^*)私の中では、夫や主人が言いたくない言葉だったんで・・・・。反対に旦那は、私をなんて読んでるのかなぁ?たぶん、かぁちゃんかな・・・。相方とも書きたいけど、相性そんなにいいことないしなぁ(*^.^*)
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 09:28
> manmanbuさん、おはようございます。私もずっと気にしていなかったんですが、こういう言葉の表現って古い(良くない)慣わしなんかも引き継いでいますよね。
相方、じゃなければ、同居人。宿六(ヤドロク)。。。だんだん格下げになっていく・・(๑>◡<๑)
Commented by itotohari at 2017-03-10 10:09
私もブログ始めた頃いろいろ迷い…片仮名のオットにしました。漢字の夫はイヤなんです。「連れあい」もイイかな〜と思いましたが、まだまだそれほど長く連れあってもいないしなぁ〜とも(^^;;。
普段呼び合っているときは「ジジィ」「ババア」です(ー ー;)ひどいでしょう⁈…笑
友人との会話の中では「ウチの旦那」ですね!
Commented by refresh-3 at 2017-03-10 10:15
Lynnさん

国際女性デーって何?
TVでその名を聞いてもピンとこない。
家に居るようになって子供たちも独立して
どんどん私の中の社会が狭くなっていきます
まだ仕事をしていた頃
大企業だったせいか色々な事を耳にし勉強をする機会がありました
男女雇用均等法 ジェンダーetc.
もうすでに頭からは消えていますが
そんな影響からか世間に対しては「夫」と呼ぶようになりました
本人には名前で。
今も変わりません
「相方」それもいいですね。

お嬢さんの彼 お嬢さんだけでなくお母さんの高感度アップ
嬉しいですね

子供に食べさせてあげたいもの
離れていると その気持ち とてもよく分かります





Commented by dreamyeyes at 2017-03-10 10:19
Lynnさん、こんにちわ。
私も悩んでいます!
家では「おとうさん」「おかあさん」と呼び合っていますが
ブログに書くとなると....ねぇ。
私も『夫』と書いていますが、何となくしっくりこない言葉。
そうだ、ブログに夫を登場させないようにします...笑
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 10:57
> itotohariさん、こんにちは。オットっていうのも見ますね。カタカナにするとちょいとムードが変わったりしますね。連れ合い そうですね、確かに連れ合いですよね。それもいいですね。
うん、「うちのツレが鬱になりまして。」っていう映画がありましたね。ツレ ですね。だけどうちはツレ(連れ)立っていないことのが多いような気もします。^^いやいや 人生のツレ。それもいいかもですね。普段よびあう二人称のジジイ ババア って、、、(ーー;)孫がなければ呼ばせたくないですよねえ。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 11:20
> refresh-3さん、あんまり日本では聞きませんよね。国際女性の日 とは、
「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日 で、要は 男女平等 機会均等 というあれです。でも昨今はうがった取り方をして、極度に女性優遇を求める輩もいるようですが。今年は トラさん政権になって、ちょっと注目を集めた日だったようです。そういう日があっても、なかなか女性の地位は暗黙に低いような気がしませんか?家庭の中でさえも。。。。娘の彼氏くんは、お母さんの育て方だったような気がします。珍しいですよね。私も社会が狭く だんだん疎くなって、子供らから教えられることが増えました〜。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 11:24
> dreamyeyesさん、こんにちは。(๑・̑◡・̑๑) うふふ、ブログに登場させないようにする!それ、最強ですね。まるで 昔のトムとジェリーみたいで、絶対に人間は出てこない。必要不可欠の時の登場は 脚だけ! ってね。 ^_−☆
Commented by daikatoti at 2017-03-10 11:34
私はブログに書くときは亭主とかテイシュなんてことで誤魔化しておるのですが、
いやまったく、この伴侶をどう表現したらいいのか困っているのですよ。
一番嫌なのは今の若い人がよく使う「旦那」
何なの、旦那って(苦笑
私世代は旦那なんて言うとお妾さんっていう発想なんだけど、みんななんのためらいもなく旦那さんとか言ってるよね。
その次に主人も嫌だけど、公式な場では何回か使ったことがあるかな。
犬じゃないよ私ってとこね。
テイシュは時々ティッシュと読み間違えられてますが⋯
相方とか相棒も使ってたことありますが、なんだか仲がよさそうじゃない。
それもうちにはちょっと違うなぁというので、
ほんとに困っているのでありますよっ。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 12:05
> daikatotiさん、あはは、旦那さん-お妾さん 的なそれ、わかります。そうですか、totiさんも考えちゃってますか。相方とか相棒は 仲が良さげですか?いやあ、同じボートに乗っているだけなら、連れ合いですかねえ。先の方のコメにもありますけど、ツレっていうのはいいと思えて来ました。もっとも そんなに連れ立っていませんけれど。ま、トムジェリの人間の脚くらいに 極力登場させないのが一番いいです。
Commented by kobacken at 2017-03-10 13:04
私は「オット」と呼びますが、昔は「相方」でした。
が、そりゃあまりにもくだけてないか?と言われ。。。
我が家は共働きだからそうなってるけど、やはり専業主婦の友達は「主人」なのかなぁ。しっかりした関係性があって、それは素敵な呼び方だと思うのです。
逆に、今の若い人が人前で「旦那」とか「亭主」とかって言ってる方がちょっと違和感。。。

そういえば大学の時に社会学授業で、女性の社会進出について学んでいたとき、先生(女性)が、私は夫を「連れ合い」と呼んでいます、とおっしゃっていました。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 13:29
> kobackenさん、こんにちは。「相方」って、くだけていますかね。。むしろ阿吽の呼吸ができるイメージで、ウチはそんなにぴったりの関係じゃないし、って思っちゃうんですが。
まあ、社会学の先生は 「連れ合い」ですか。先ほどのこのコメントの中にも候補で上がっているんですが、なんかいい感じに思えて来ました。私もそちらにしようかしら。
それぞれのご夫婦の関係ですから、自分たちにあう呼称が良いんでしょうね。コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
Commented by tarohanaazuki at 2017-03-10 14:15
私は相手によって使い分けていますね☺️
ご主人もダンナさんもオットさんも😽
普通は主人と言いますけど、ブログでは、以前はツレと言ってましたが、今では赤パンツになってしまいました(笑)
Commented by kyonchan54 at 2017-03-10 15:19
国際婦人デー(ミモザの日)知りませんでした。
調べてみました。「イタリア女性組合」のシンボルにミモザの花が選ばれたことにより「ミモザの日」と言うようになったそうです。花粉症としてはチョッと目がショポショポしそうですが(笑)
娘さんに花を送った彼はなかなかですね。👍

azukiさんと同じで使い分けてますが余り気にしたことはありません。
普通は夫でしょうか、ブログでは連れ合いとか夫とか。夫はかみさん、家の奴のようです。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 21:00
> tarohanaazukiさん、こんばんは。
おお、使い分ける!そうですね、TPOがこれも必要かと。人前で、特に目上の方の前では 慣例的に「主人が」と言うと思いますが、今思ったんですけど、苗字って言うのもありますね。 自分が鈴木花子なら、「鈴木がお世話になっています」と言うふうに。
赤パンツさんの前はツレだったんですか?どちらもいいですね。最近は画伯と言うのもありますね。うふふ、選択肢が多いのはいいですね。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 21:18
> kyonchan54さん、こんばんは。調べてくださり、ありがとうございます。わたしも一応ググったんですが、斜め読みでミモザまで把握していませんでした。f^_^; 国際婦人の日=ミモザの日 なんですね。1904年3月8日、ニューヨークで婦人参政権を求めてデモが起こったことから、イタリアのミモザまで世界中に広まっていった。。。これはもっと学校でも教えて欲しいなと思いました。(彼氏くんは、お母さんが社会学の先生みたいです。)
まあ、あんまり気にしすぎてガチになってもギシギシしそうで使い分けがいいかもですね。
今、自分の中では ブログでは ツレもいいな。と思っています。azukiさんみたいにニックネームをつけるのも一考ですね。
Commented by bluerose-lace at 2017-03-10 23:28
こんばんは。
アネモネさんと殆ど同じ考え方です。
TPOによって使い分けをしています。主人、夫、苗字くらいです。
「うちの旦那」と言っているのを聞いて、内縁関係なのねとずっと思っていたことがありました(笑) 
ある弁護士さんのお話では、離婚訴訟を頼みに来る奥さんの殆どがご主人のことを「旦那」と言っているそうです。旦那という人には離婚に至る何か共通点があるのでしょうか。疑問ですね。
Commented by Lynn6 at 2017-03-10 23:44
> bluerose-laceさん、こんばんは。「ずっと内縁関係だと思っていた。。」うふふ、わかりますソレ。花街で「旦那がつく」とか「旦那をとる」とかって表現するみたいですしね。
弁護士さんのそのお話、興味深いです。きっと本来の意味を知らずに使っている方が多いのでしょうが、言葉の本意に沿っていってしまうと言うのは ちょっと怖いことですね。逆に 良い意味での言葉を使っていたら、明るい毎日に繋がるかもしれませんね!(๑・̑◡・̑๑)
Commented by 咲ちゃん at 2017-03-12 15:27 x
遅れてLynnさんのこちらのブログを拝見し、みなさんのコメントを読ませていただいて、お腹を抱えて大笑いです。最近ではないくらい大笑い!楽しい~~!ヽ(^o^)丿
大変失礼しました。m(__)m理由はね、何方さまのコメントに、大きく「うん!うん!」と頷けるそして共感できるからです。私も外やこういう場で何と呼んだらよいのか・・・・(>_<)どれをとってもピンと来ない。「主人」???ググってみました。「自分の仕えている人」「一家のあるじ」ですって!いや~ん、気持ち的には「一家のあるじ」は私よ~~!!!(⌒▽⌒)アハハ!
Commented by 咲ちゃん at 2017-03-12 15:35 x
度々失礼いたします。
お嬢様の彼氏、何て気の利いた方!!最近の若い人には珍しいのでは・・・花より団子の時代に蘭の花を!!!これはLynnさん好感度UPですよねぇ~~~。私ならOKを出してしまいそう。うふふ・・・
Commented by Lynn6 at 2017-03-12 17:42
> 咲ちゃんさん、こんばんは。元気な笑いのコメントをありがとうございます。
”気持ち的には「一家のあるじ」は、私よ〜〜”って、コレ 真実です!
だって「家のことはお前に任せた」って面倒なことは全て丸投げなんですもん。(๑>◡<๑)
みなさんのコメント、いろんな見解があってやっぱり 各々 ピンとくる呼び方が一番ですよね。
Commented by Lynn6 at 2017-03-12 17:47
> 咲ちゃんさん、度々、何度でもおいで下さい。welcomeです。(๑・̑◡・̑๑)
はい、私の中では好感度上昇中ですが、何せ私は一人で二役。母親としてはOK出してしまいそう、、、、になりそうですが、父親としてはまだまだ壁は高いですぞ。
こう言う丸投げもされておるんです。(๑˃̵ᴗ˂̵)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Lynn6 | 2017-03-10 05:00 | 生活 | Comments(24)

北米での暮らしの工夫、日々の事を書いています。リンク・フリー、コメントwelcomeです。足跡残していって下さいね。


by Lynn